UV-Aって何?UV-Aがおよぼす肌への影響とは?

UV-Aって何?UV-Aがおよぼす肌への影響とは?

光の波長

 

トップページでも述べましたが、太陽光には目に見える「可視光」と呼ばれる光と、可視光の外側にある目には見えない2種類の光、「赤外線」と「紫外線」があります。

 

そして「紫外線」はさらに「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」に分かれています。

 

この記事ではその中の「UV-A」について取り上げ、「UV-A」とは何なのか、「UV-A」がおよぼす肌への影響とはどういうものなのかといった点についてご紹介したいと思います。

 

「UV-A」って何?

上にも書いた通り紫外線は、「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」の3種類に分かれています。

 

光は「波長」という単位で表されますが、紫外線は波長400ナノメートル以下の光になります。
そして、波長が長いものから順に「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」と名付けられているんですね。

 

このうち、UV-Cは上空のオゾン層で吸収されるため、地上には届きません。

 

UV-Bもほとんどがオゾン層で吸収されるものの、一部は地上に届きます。
そして皮膚がんの原因になるなどの、重篤な悪影響を与えます。

 

近年、「フロンガス」がオゾン層の破壊に結びつき、温暖化とともに地上への紫外線の到達量が増えることなどから、「フロン回収・破壊法」や「自動車リサイクル法」などが制定されたことは、きっとあなたもご存知なのではないでしょうか。

 

このままフロン層の破壊が続き、UV-BやUV-Aが大量に地上に降り注ぐようになれば、その影響は計り知れないものがあるからなんですね。

 

さて、UV-Aはそのほとんどが地上に届きます。

 

UV-Bに比べると影響力は小さいのですが、量が多いので長時間浴びると肌などへ悪影響が及ぶ紫外線なんですよ。

 

UV-Aがおよぼす肌への影響

肌は外側から順に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3つの層でできています。

 

表皮には日焼けした時に作られる黒い色素「メラニン色素」を作る色素細胞(メラノサイト)などがあります。

 

真皮にはコラーゲンとエラスチンという、肌のハリ・弾力のもとになる線維組織と、その間を満たすヒアルロン酸などがあります。

 

UV-Bは表皮までしか到達せず、肌の炎症や日焼けなどの原因になります。

 

一方、UV-Aは表皮の奥の真皮にまで到達し、肌のハリ・弾力の元であるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、シワやたるみなどの原因になるんです。

 

上述のとおりUV-Aは、そのほとんどが地上に到達します。
UV-Bに比べると力は弱いものの、たくさんの量が地上に降り注ぐため、肌への蓄積的な影響力が心配されています。

 

またUV-Aは窓ガラスも透過します。
室内にいても、また車などを運転している時も気を抜けないのがUV-Aなんですよ。

矢印

NALC 日焼け止めの特徴
界面活性剤を使わず、最新の特許技術である三相乳化法を採用。水に濡れても再乳化せず、非常に水に強いのが特徴です。界面活性剤フリーの他、パラベンや鉱物油等、刺激成分6つの不使用で、「絶対焼かない」のにお肌にやさしい日焼け止めを実現しています。
価格
2,680
評価
評価5
備考
3個同時購入で1個プレゼント。
管理人 夏海のコメント
非常に伸びが良くて気持ちよく広がり、ベタつきや白浮きすることもないので、男性にも使いやすい日焼け止めです。化粧下地としても使えるところは女性にうれしい機能。クレンジング不要、せっけんや洗顔料で落とせるのも普段使いにはうれしいですね。もちろん「海でも焼かない」日焼け止めとしての基本性能もバッチリ。日焼け後の肌ダメージを抑える保湿成分や抗炎症成分、シミ・シワ・たるみの原因を抑制する成分まで配合されているのも◎です。