紫外線とシミとの関係って?

紫外線とシミとの関係って?

シミを気にする女性

 

齢を重ねるとともに目立つようになってくるお肌のシミは、いつまでも若々しくありたいと願う女性の敵ですよね。

 

この記事ではシミと紫外線との関係についてご紹介します。

 

シミの種類と原因

シミは医学的には次のような種類・原因があります。

 

シミの種類 原 因
老人性色素班 主に紫外線
脂漏性角化症 紫外線・老化
炎症性色素沈着 ニキビやムダ毛処理の時の傷などによる炎症
肝斑(カンパン) 女性ホルモンバランスの乱れ
雀卵斑(ソバカス) 遺 伝
花弁状色素班 激しい日焼け


一般的にシミと呼ばれるもの大半は、主に紫外線の影響によっておこる老人性色素班です。
また上にあげたシミはすべて、紫外線を浴びることによって悪化します。

 

シミのもとはメラニン色素

シミのもとになるのはメラニンという黒い色をした色素です。

 

紫外線を浴びると、メラニン色素を作る組織であるメラノサイトが活性化し、メラニン色素をどんどん作り出します。

 

これは黒い色をしたメラニン色素で紫外線を吸収し、肌の大切な細胞を守ろうとする反応なんです。
だからメラニン色素は紫外線から体を守るために大切な働きをするものなんですね。

 

あなたも経験があると思いますが、海水浴などで日焼けをして肌が黒くなっても、数ヶ月もすれば元の色にもどりますよね。

 

これは肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって、肌の中にできたメラニン色素が排出されるからです。

 

過剰にメラニン色素が作られるのではなく、またターンオーバーが正常にできているのであれば、メラニン色素はアカと一緒にはがれ落ちていくものなんですね。

 

紫外線はメラノサイトやターンオーバーの敵

ところが強い紫外線を長時間浴びたり、何度も繰り返し浴びたりすると、メラニン色素を作り出すメラノサイトが傷ついてしまいます。

 

傷ついたメラノサイトは、ターンオーバで体外に排出しきれないほどの過剰なメラニン色素を作り出してしまいます。

 

また紫外線はターンオーバの周期の乱れも引き起こします。
肌の新陳代謝が遅くなると、メラニン色素の排出も滞ってしまうわけですね。

 

齢を重ねると若い頃にはなかったシミが目立つようになるのも、加齢によるターンオーバの周期の乱れによって肌の新陳代謝が下がり、メラニン色素の排出が若い頃のようにスムーズにいかなくなった結果なんですよ。

 

またこちらのページでご紹介した活性酸素も、メラノサイトを活性化させる働きを持っています。

 

そして活性酸素は紫外線を浴びることでも発生するものなので、その意味でも紫外線はシミの原因になると言えるんですよ。

矢印

NALC 日焼け止めの特徴
界面活性剤を使わず、最新の特許技術である三相乳化法を採用。水に濡れても再乳化せず、非常に水に強いのが特徴です。界面活性剤フリーの他、パラベンや鉱物油等、刺激成分6つの不使用で、「絶対焼かない」のにお肌にやさしい日焼け止めを実現しています。
価格
2,680
評価
評価5
備考
3個同時購入で1個プレゼント。
管理人 夏海のコメント
非常に伸びが良くて気持ちよく広がり、ベタつきや白浮きすることもないので、男性にも使いやすい日焼け止めです。化粧下地としても使えるところは女性にうれしい機能。クレンジング不要、せっけんや洗顔料で落とせるのも普段使いにはうれしいですね。もちろん「海でも焼かない」日焼け止めとしての基本性能もバッチリ。日焼け後の肌ダメージを抑える保湿成分や抗炎症成分、シミ・シワ・たるみの原因を抑制する成分まで配合されているのも◎です。