紫外線と活性酸素の関係って?

紫外線と活性酸素の関係って?

サビた鉄柱

 

人は呼吸することで空気中の酸素を体の中に取り入れ、生命活動を維持しています。

 

そして、体内に入った酸素のうち数%は活性酸素になると言われています。

 

活性酸素って何?

活性酸素というのは、名前のとおり非常に「活性」が高い酸素のことです。

 

活性が高い酸素というのは酸化力が強い酸素ということで、それはつまり殺菌作用が強い酸素だということです。

 

活性酸素はその殺菌作用で、細菌やウイルスなど人の体にとって有害なものをやっつける働きをしたり、免疫機能の一端を担う重要な働きをしています。

 

また酵素の働きを促進する働きもしています。

 

酵素というのは食べた物を消化・吸収・代謝したり、体の中で起こる様々な化学反応を助ける栄養素で、人が健康に生きていくうえでなくてはならないものです。

 

活性酸素は、その大切な酵素の働きを促進しているわけですね。

 

このように適量の活性酸素は、体を守り健康を促進するために重要な働きをしているものなんです。

 

ではなぜ活性酸素が問題にされるのでしょうか?

 

それは体の中で増えすぎた活性酸素は、その強力な酸化力で体にダメージを与えてしまうからです。

 

金属が酸化するとサビますよね。
またリンゴを切ってそのままにしておくと、酸化して茶色く変色してきます。

 

これと同じで、体が酸化するということは体がサビて老化し、本来の姿から変性していくということ。

 

増えすぎた活性酸素はたんぱく質や脂質、DNAなどに悪影響を与え、老化を促進することになるんです。

 

適量の活性酸素は体にとって有益で必要なものなんですが、増えすぎた活性酸素は体に悪影響をおよぼすということなんですね。

 

紫外線と活性酸素の関係は?

紫外線もからだにとって有害なものです。
活性酸素は体に有害なものを発見すると、それをやっつけるために増加します。

 

つまり紫外線を浴びると体の中の活性酸素が増加するということなんですね。

 

そして、紫外線を浴びすぎると活性酸素が増えすぎ、増えすぎた活性酸素は体に(肌に)ダメージを与えるということになるんです。

 

活性酸素が肌に与える悪影響は、

  • 肌の脂質が酸化し、シミのもとになる過酸化脂質が作られる。
  • 肌のハリ・弾力のもとであるコラーゲンやエラスチンといった弾性繊維が酸化してシワの原因になる。

などがあげられます。

 

紫外線以外の活性酸素が増加する原因

ストレス

ストレスを感じると一時的に血行が悪くなります。
これが元に戻る時に活性酸素が大量に発生するんです。

 

喫煙

タバコの中に含まれるニコチンやタールも、体にとって有害な物質です。
これらが体の中に入ってくると、当然活性酸素が増えるわけですね。

 

自分が吸うタバコだけではなく、受動喫煙にも注意が必要ですよ。

 

激しい運動

最初にも書いた通り、体内に入った酸素のうち数%は活性酸素になると言われています。

 

激しい運動をすると酸素を取り入れる量が増えるので、その分だけ活性酸素も増加するということなんですね。

 

光老化を防ごう

肌の老化の80%は紫外線による「光老化」が原因だと言われています。

 

紫外線が肌におよぼす影響力の強さが分かりますが、逆に考えれば、紫外線対策をしっかりすれば、肌の老化の80%は抑えることができるということでもあります。

 

万全のUV対策で肌に悪影響をおよぼす活性酸素の発生を抑え、いつまでも若々しく健やかな肌をキープしたいですね。

 

参 照 活性酸素と酸化ストレス | e-ヘルスネット 情報提供

矢印

NALC 日焼け止めの特徴
界面活性剤を使わず、最新の特許技術である三相乳化法を採用。水に濡れても再乳化せず、非常に水に強いのが特徴です。界面活性剤フリーの他、パラベンや鉱物油等、刺激成分6つの不使用で、「絶対焼かない」のにお肌にやさしい日焼け止めを実現しています。
価格
2,680
評価
評価5
備考
3個同時購入で1個プレゼント。
管理人 夏海のコメント
非常に伸びが良くて気持ちよく広がり、ベタつきや白浮きすることもないので、男性にも使いやすい日焼け止めです。化粧下地としても使えるところは女性にうれしい機能。クレンジング不要、せっけんや洗顔料で落とせるのも普段使いにはうれしいですね。もちろん「海でも焼かない」日焼け止めとしての基本性能もバッチリ。日焼け後の肌ダメージを抑える保湿成分や抗炎症成分、シミ・シワ・たるみの原因を抑制する成分まで配合されているのも◎です。